2016-03-27 [長年日記]

_ 学年末発表会

日本文化協会の学年末発表会の当日、Aの熱は下がらず...。

でも年に一度の行事だし、出掛けに解熱を飲ませて参加。ちょうどいいタイミングで薬が効いて、幼稚園の部の発表の大事な王さま役と、自分の一年生の発表でもクイズ大会は平常通りステージに立てた。しかし、後半の第二部ではやっと座っていられるといった様子で、顔は真っ赤でぽかぽかしていた。明日は復活祭の月曜日という祝日、ゆっくり休もう。

Hは、落語「初天神」を演じた。お話の中の金坊と父ちゃんを、自分とお父さん(量彦くん)に置き換えて演じたのも身内の発表会ではウケたところ。

昨年出会った「ごくらくらくご」という本がきっかけで、自分でも演じたいほど好きになるとはね。次は「まんじゅうこわい」がやりたい!そうです。

おもしろ落語絵本 ごくらくらくご
桂 文我/飯野 和好
小学館
¥ 1,620


«前の日記(2016-03-26) 最新